求人サイト「エンゲージ」 https://en-gage.net/asahisuisan/

人事担当 03-6633-4111 ☆ info@asahisuisan.co.jp

皆さま、こんにちは。

本日は国際規格『FSSC22000』を取得しましたので、ご報告させて頂きます。

弊社では、「お客様の繁栄のお手伝い それが私たちの仕事です」を企業方針として掲げて参りました。その一環として、お客様が使用する食材に責任を持って衛生管理をしていることを分かり易く表現するための証明として『FSSC22000』という国際規格を取得しました。

 

『FSSC22000』の前に、来年2020年6月施行となります”HACCP”をご存知でしょうか?

皆さまの元にも保健所や自治体から講習を受けてください!という通知が来たのではないでしょうか。

”HACCP”とは、危害分析重要管理点という言葉になります。簡単に言いますと、食中毒や異物混入のリスクを考えて、起こさせないために記録管理をしていく。ということです。

例えば、従業員の手洗い不備による食中毒 ⇒手洗い実施で防げます

調理器具の欠けによる異物混入 ⇒閉店時に調理器具を確認することで防げます

食材がすでに菌汚染されていた ⇒安心できる業者から仕入れることで防げます

このように、様々な危害・危険を分析し、対策を講じることがHACCPです。

そのHACCPの考えとともに、施設や設備、商品の管理方法など会社としての衛生管理を構築したものがFSSC22000となります。簡単な資料をご覧ください。

これから日本も世界と同様に衛生基準をつくり、認証制になっていくと思います。

HACCP構築、衛生管理について疑問なことがありましたら、旭水産㈱にお問い合わせください。持っている知識でお答えできることはお答えします!

魚だけでなく、衛生でも頼れる旭水産です★

 

**余談***

衛生認証取得に動き出したのが1年半前。まだ築地でネズミさんたちと仕事していました。それから豊洲へ移転し1年。先日衛生検査所が実施しました道具の雑菌検査では、水産仲卸店舗で1番菌がいなかったとお褒めの言葉を頂きました。