求人サイト「エンゲージ」 https://en-gage.net/asahisuisan/

人事担当 03-6633-4111 ☆ info@asahisuisan.co.jp

 

皆様こんにちは。

本日は三重県尾鷲より、この時期限定のお魚が入荷してきましたので紹介致します!

写真奥のバット内にある穴子と比較しても
あまりの大きさに2度見、いえ何度でも見直してしまいますが・・・

そう、今回入荷したのは通常サイズ3~4kgのはずの特大カンパチ。
サイズは約15~20kgと通常のなんと5倍程です・・・!

中でも一番大きな真ん中の子は19.9kg。
本日豊洲市場内で一番大きなカンパチだったとのこと。

このカンパチ達ですが、普段は太平洋沖にいるため、
なかなか日本で日常的に水揚げされることはありません。
ですが、11~12月にかけて、太平洋沿岸を流れる黒潮に乗って日本にやってきます。
(ちなみに昨年度は暖冬だったこともあって2月頃まで水揚げされておりました)

波を打って流れる黒潮が丁度紀伊半島にぶつかり、
定置網に引っかかって水揚げされるそうです。

本年度初入荷の特大カンパチは19.9kgでしたが、
昨年度はなんと約40kgのサイズのカンパチも入荷したとのことで
本年度の最大サイズがどのくらいになるのか楽しみですね!

ちなみに、入荷したその日食べるのではなく、1週間ほど熟成させて食べるのがおすすめです!

ご購入希望の方は、豊洲市場 水産仲卸売棟 8118 旭水産まで!
皆様も是非特大カンパチ、お試しください!

求人サイト「エンゲージ」 https://en-gage.net/asahisuisan/

人事担当 03-6633-4111 ☆ info@asahisuisan.co.jp

皆さま、こんにちは。

本日は国際規格『FSSC22000』を取得しましたので、ご報告させて頂きます。

弊社では、「お客様の繁栄のお手伝い それが私たちの仕事です」を企業方針として掲げて参りました。その一環として、お客様が使用する食材に責任を持って衛生管理をしていることを分かり易く表現するための証明として『FSSC22000』という国際規格を取得しました。

 

『FSSC22000』の前に、来年2020年6月施行となります”HACCP”をご存知でしょうか?

皆さまの元にも保健所や自治体から講習を受けてください!という通知が来たのではないでしょうか。

”HACCP”とは、危害分析重要管理点という言葉になります。簡単に言いますと、食中毒や異物混入のリスクを考えて、起こさせないために記録管理をしていく。ということです。

例えば、従業員の手洗い不備による食中毒 ⇒手洗い実施で防げます

調理器具の欠けによる異物混入 ⇒閉店時に調理器具を確認することで防げます

食材がすでに菌汚染されていた ⇒安心できる業者から仕入れることで防げます

このように、様々な危害・危険を分析し、対策を講じることがHACCPです。

そのHACCPの考えとともに、施設や設備、商品の管理方法など会社としての衛生管理を構築したものがFSSC22000となります。簡単な資料をご覧ください。

これから日本も世界と同様に衛生基準をつくり、認証制になっていくと思います。

HACCP構築、衛生管理について疑問なことがありましたら、旭水産㈱にお問い合わせください。持っている知識でお答えできることはお答えします!

魚だけでなく、衛生でも頼れる旭水産です★

 

**余談***

衛生認証取得に動き出したのが1年半前。まだ築地でネズミさんたちと仕事していました。それから豊洲へ移転し1年。先日衛生検査所が実施しました道具の雑菌検査では、水産仲卸店舗で1番菌がいなかったとお褒めの言葉を頂きました。

 

 

求人サイトエンゲージ https://en-gage.net/asahisuisan

人事担当 TEL:03-6633-4111 ☆ info@asahisuisan.co.jp

 

皆さま、こんにちは。

10月21日(月) 東京ミッドタウン日比谷で開催されました、サステナブル・シーフードに関するセミナーに参加してきました。

サステナブル・シーフードという言葉を聞いたことがありますか?

直訳すると、サステナブル=持続可能 シーフード=水産物。

将来もお魚を食べ続けていくことができるように、水産資源や環境に配慮した漁法や養殖で獲られた水産物のことをいいます。

日本では魚が少ないという状況が続いています。原因は地球温暖化、世界的たんぱく質の枯渇、様々ありますが、今すぐにでも改善しなければいけないと言われているのが、乱獲です。

乱獲を行う理由も様々ありますが、日本では良い魚や特定の魚種を求めるために雑魚まで一網打尽にし、船上でいらない雑魚を廃棄するという事実があるそうです。なんと!漁獲量の40%が廃棄されていると言われています。

16年の漁獲量 436万トン ⇒ 廃棄 288万トン!!!

ちなみに、16年 タイ年間漁獲量236万トンなので、超えています(泣)

他にも、養殖魚の餌として幼魚を大量漁獲していたり、動きが鈍り獲りやすいからと産卵期を狙って漁獲していたり、卵が生き残れない世界を人間が作り出している。驚くばかりの内容でした。

今回のセミナーでは、飲食店向けに世界視点、日本視点での水産物の現状や飲食店で出来ることは何かを専門家の方やすでに取り組んでいる料理人の方が参加して問題提起をする。

さらに、世界的にクロマグロの漁獲制限に至る提言を行ったオリヴィエ・ロランジェ氏による講演があり、魚を調理する飲食店から意識改革を行っていきましょう!という提案がなされました。

弊社では、サステナブルシーフード認証取得に動いており、シェフ目線でのお話が聞けたことはとても有意義な時間でした。

そして、「知らない罪 知らせない罪」という言葉が浮かんできました。

これからは知っている私たちが皆様へ現状をお伝えし、日本の豊かな水産資源を無くさない為に色んな方々へサステナブルの考えが浸透していくように尽力したいと思います。

今後もサステナブルや衛生管理など、水産業の未来のための取組みをしていきたいと思います。足踏みせずに、良い方向の前に突き進む、旭水産です。

 

皆さま、こんにちは。

表題にもあります通り、土曜に首都圏へ上陸予想がされております大型台風による弊社営業についてお知らせいたします。

誠に勝手ではございますが、当日の状況により営業時間を短縮させて頂く可能性がございます

当日のお急ぎ案件につきましては、直接担当営業へご連絡して頂ければと思います。

何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げますと共に、皆さまにも影響なく通り過ぎてくれることを祈っております。

こんにちは。

今日は”大黒ししゃも”初荷を入荷しましたのでご案内です!

”大黒ししゃも”とは、北海道厚岸港に水揚げされるとっても大きなオスししゃものことで、沖詰されますので店頭に並ぶまで人の手に触れない鮮度バツグンのししゃもです。

皆さまにも大きさをお伝えしたく、定規の横に並んでもらいました!

体長 17.5㎝!!??

どうですか!?ししゃもとは思えない大きさですよね。脂ものっていて、食べ応えがあると聞き、早速私も明日のおかずに頂きました。朝食が楽しみです!

大黒ししゃもと呼べるのはオスだけですが、メスも同時に入荷しました。ししゃものオスメス見分け方は、お尻下にある尻ビレの大きさで分かります。

【オス】尻ビレが大きい
【メス】尻ビレが小さい

ちょっと分かりづらいですが、オスは大きく、メスは小さい。これを見分けて漁師さんは選別をし、出荷します。

本ししゃもは、11月半ばまでの出荷ですので、見つけたら是非旬の味をお楽しみください(*^^*)//

最後に豆知識♪居酒屋やスーパーに並ぶししゃもは”カラフトししゃも”といい、主に北大西洋アイスランドやノルウェー、ロシアなどで大量漁獲されたもので、”本ししゃも”と呼ばれるものは、北海道で漁獲されたものになります。

本ししゃも、その中でもレベルの違う”大黒ししゃも”をご購入希望の方は、豊洲市場 水産仲卸売棟 8118 旭水産まで☆社員一同お待ちしております。

大変なご無沙汰更新となってしまいました。反省です・・・

そうこうしているうちに、豊洲市場へ移転して1周年を迎えようとしています。

去年の今頃は引っ越しのことで頭がいっぱいになっていました。

単体の会社引っ越しではなく、市場全体で引っ越しがどれ程大変なのか、苦労が絶えず、イヤになっていたことを思い出します(笑) 今では貴重な体験だったと思えています。

さて、今回は豊洲市場に移転後、弊社加工室で製造し始めた凍結商品をご案内します。

豊洲市場で弊社しか導入していない”プロトン凍結機”を使用した商品です。

この凍結機は、急速冷凍中に電磁波を放射することにより、魚介類の細胞内にある水分子を整列させたまま冷凍することが出来ます

分子を整列させて冷凍できる=分子一つ一つに氷の薄い膜を張るようなイメージ(薄皮饅頭みたいな)

そうしますと、解凍した際に余分な水分がでないことで、ドリップが少ない、うまみも残ったままの商品となります。

また、急速で冷凍しているため、鮮度や食感もそのまま残り、解凍したとは思えない魚介類が姿を現します!!

冷凍品だと気づかせないこの技術。

弊社の強みである目利きにより選別された最高の時期の魚をプロトン商品にしておくことで、1年中同じクオリティーをお客様に提供できるようになります。

豊洲市場1周年、最新の市場で益々の成長を感じていただける魚屋として頑張り続けます!

これからも宜しくお願い致します。

皆様、こんにちは。
本日は来週参加します、株式会社久世主催の展示会のご案内です。

tenjikai

弊社親会社であります、株式会社久世が半年に

一度開催している

FOOD SERVICE SOLUTION 2019 in 池袋

今回の主題は
『2%の壁をブチ破れ!!』

5つのテーマ『4K1J』
「K:健康」「K:効率簡便」「K:高付加価 値」

「K:高齢化」「J:女性目線」

10月1日からの軽減税率対策を考えたものとなっております。
事前に対策することで、余裕をもって高クオリティーを維持しつつ新たな制度に対応していくかしこい店舗運営をご提案します。

弊社では、豊洲市場移転を機に導入した”プロトン凍結機”から生まれたプライベートブランド商品を中心にご紹介します。
プロトン凍結機とは、ただの冷凍ではなく、電磁波と冷凍を同時に行うことで急速かつ分子を崩すことなく丁寧に冷凍することの出来る機械です。
これを使用した冷凍品は、解凍したときにドリップが出ないばかりか、食感まで損なわず、美味しい生食品としてお客様に提供できます。
プロが食べ比べをしても、生と冷凍を間違えてしまう程の精度なので、是非試食してみてください。

尚、展示会はご招待制となっておりますので、ご興味のある方は担当営業までご連絡ください。
皆様のご来場をお待ちしております。

会社定型

皆様こんにちは。S__2818079

ここ数日はようやく冬らしい気候となっておりますが、節分を過ぎ、もうすぐバレンタインです。

年々亜熱帯化している日本に、少し危機を感じております。

現に東京湾でふぐが増殖しているという話も聞きました。生態系が変化し、食卓に並ぶ魚も変わってしまう可能性もあります。秋刀魚が高級魚になる日は近いかもしれません。

そんな怖い環境変化ですが、春になると心弾むことがあります。

桜です♪♪

近年では世界中に桜の木が植えられていて、花見をする外国の方もいるとか。

季節はまだ冬ですが、暦は春。

弊社では一足、二足お先に桜が開花しました。

衛生管理のコンサルティング会社様からお年賀で頂いた鉢です。

こういった贈り物は素敵です♪

満開になったらまた載せたいと思います。

 

会社定型

1 2 3 4